パタヤをハブに動く《ウタパオ空港の使い道》2019年 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » タイ航空・LCC・日本とタイの空港利用など » パタヤをハブに動く《ウタパオ空港の使い道》2019年
SPONSOR LINK

パタヤをハブに動く《ウタパオ空港の使い道》2019年

 パタヤ ウタパオ空港
   タイの高速エアポートレイルリンク画像 

バンコク首都圏の裏口



噂に登っては消えるバンコク第三空港その名もウタパオ国際空港との「レイルリンク」。

構想ではドンムアンからスワンナプーム、パタヤを通ってそウタパオ空港を終点とするライン。

日本の首都圏で言えば羽田、成田、茨城空港のトライアングルになるだろうか。

(本来は横田だよね)

まぁお国の構想はおいといて個人旅行者、中でもパタヤメインだが他の国・都市にも寄りたい。

そんな願いをウタパオ空港なら叶えてくれやしないか?

今回ウタパオ空港⇄マカオ国際空港を往ききし思った、これありだと。

SPONSOR LINK




ウタパオ国際空港(UTAPAO)



裏口というとウタパオ空港が気を悪くするだろうか? なら日陰者?もっと怒るか。。

タイによくある地方空港で特筆すべきことはないが唯一あげれば、

パタヤ野郎の救いで希望になるポテンシャルを秘めている。

これに尽きる。

パタヤのウタパオ画像空港  

現時点では

  • 日本からの直行便はない
  • エアアジアがじわじわ路線を広げてる(東南アジア方面はクアラルンプール経由が多い)
  • 中国・ロシアからの便が多く顔ぶれも当該の観光客が圧倒的

直行便がないため必然的に<裏口>(正規ですので)とならざるを得ないが、

故に活用できれば益もまた少なからずあろうかと思う。

パタヤのウタパオ国際空港画像     



パタヤ(ウタパオ空港)〜マカオ(日本から途中経由する必要はない)



最近気になるのがマカオ。けどいつもパタヤとのトライアルに負けて「次回にするか」と

なるのだが、ふとしたきっかけでパタヤ(タイ)をハブに行けやしないかと探したらあった。

エアアジアでフライト2時間弱で価格は往復10,000円前後で。

パタヤウタパオ空港のスケジュール画像 

これだとスワンナプームからビエンチャンやプノンペンに短期で行く要領だ。

これならトライアルに負けてもマカオに行ける。

日本からだと香港経由になり面倒な島だったマカオに、直接乗り込める。

 パタヤのウタパオ画像空港   

日本の手前を経由して飛び石的に行くものだと思いがちだが、

飛び越してハブ(タイ)から短期で行けばいいんだ

※ 総額のフライト料金で言えば経由のほうが安くはなる

SPONSOR LINK



夏には羽田(成田)〜香港(マカオ移動)〜ウタパオ空港



パタヤのウタパオ画像空港 


(こっちは経由だけど次回は安く行くぞという個人的な予定)

ANAのマイレージが半年後くらいに香港往復分になりそう。

当初はソウル(すでに行ける)往復で消化しようと考えてたがもう少し貯めて、

行き先を香港にし、それが今回ウタパオ空港〜マカオを飛んだ経験から、

夏のパタヤ行は

1 羽田(成田)〜香港(ANAマイレージ使用)

2 マカオ〜ウタパオ空港(エアアジア。12,000円~)

に発展した次第。


これで世界情勢が変わってない限り半年後は10,000円前後でパタヤだ。

2019年はさらなるウタパオ空港の発展に期待したい。

エアアジアCA画像 

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント