パタヤで聴く「モーラム・ルークトゥン」ミュージックⅡ - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » パタヤウォッチ » パタヤで聴く「モーラム・ルークトゥン」ミュージックⅡ

パタヤで聴く「モーラム・ルークトゥン」ミュージックⅡ

パタヤミュージックⅡ 「モーラム・タイ系」で選んでみました。2016年12月改訂

SPONSOR LINK




タイの音楽:モーラムとルークトゥン



こちらも久しぶりにいじってみました。店・ムーガタ屋・タクシーで聞いたことありませんか?

「無性にタイの田舎に行きたくなるような曲集」です。






こちらはちょっと切なくも意味深な曲ですね。少年時代憧れてた友人にふられ、大人になりニューハーフになって

もう一度迫る。さてその行方は・・ってかんじです。






タイ音楽界のスーパーヒット曲:インリーが歌う




タイミュージックは詳しくないので、あくまで好みによる選曲です。新旧おり混ぜてあります。

インリーの勢いは止まらない。やはり彼女からいきましょう! バックダンサーの踊りがいいね。


ご存知「コー・ジャイ・ター・レーク・バー・トー」 (あなたの心と電話番号を交換してあげる) だから電話かける振付があるんです。知ってました?  (右)は新曲 「ロー・サーイ・コン・ソート」 (シングル【独身】の人を待ちわびて)




こちらはタイ・ワチャリン「ラップ・セープ」。このノリがたまりません。








もう一つどうですか?映像で!「ミア・マイ・ミー」(嫁はおらん)とでも言いましょうか。けっこう楽しめるぞタイ音楽(映像?)。




SPONSOR LINK




次は少し落ち着きましょう。こちらはヌーナー「マイ・ジェップ・サック・ティー」(全然痛くない)。北海道ロケだそうです。

タイトルはタイマッサージで使えますよ。









タイの演歌画像 


とりはイサーンの秘蔵っ子、ダーオ・チャリターちゃん若干15歳。(タイランドハイパーリンクスさんより)

彼女のハスキーボイスはつい聴き惚れちゃいます。そのルックスと歌唱力で将来性を感じます。









タイミュージックはまだまだ続くぞ



SPONSOR LINK




タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。 2014年12月6日


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント