澳門の休暇⑦【艶街だった福隆新街のいま・・猫と水タバコ】 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » 2017年4月マカオ休暇 » 澳門の休暇⑦【艶街だった福隆新街のいま・・猫と水タバコ】

澳門の休暇⑦【艶街だった福隆新街のいま・・猫と水タバコ】


猫を見つけたのでそばに寄ると、正対し姿勢を正すではないか。妙な心持になった
澳門の猫画像  

福隆新街(ふっろんさんがーい) 夜歩く



その昔ここは「遊郭」が軒を連ねる通りだったらしい。遊郭は別としても胡散臭い飲み屋でもあるかとぶらついてみたが、

案外ひっそりしててお食事処が目立った印象だった。

遊郭はとは少々時代掛かってとは思うが、「歴史のある通り」として眺めやりながらの散策は新鮮味もあり面白くもある。

バンコクのヤワラーの裏のソイとは違った味わいのある通り


6日間の滞在で新馬路やセナドなどにも出やすい通りであることに気づき、興味も合わせ何度も通ったここ「福隆新街」だ。

以下お付き合い頂けたら・・


SPONSOR LINK




福隆新街:陽炎



澳門の福隆新街で食事画像 

じつはここ福隆新街へは路地裏の魔窟を彷徨ってるうちに、なんとなく出てきて「もしかしてここがそうなのか?」と

気づいた次第だ。


澳門で水タバコというと阿片を想像してしまうのは少々穿ち過ぎか?
マカオのシーシャ画像 


通りを占める「朱枠の長屋」、唯一それが他の路地との違いを思わせる。

それと澳門の路地としてはここは整然としているように思われた。どこも何がしか癖があるから平坦で歩きやすいこの通りは洗練されてるとさえ思った。

今、この陰の先に揺らめくのは嬌声とは程遠い笑い声と静かな朝の佇まいだろうか。


澳門の福隆新街画像 


SPONSOR LINK





福隆新街:安く宿を取るならば




ここ福隆新街にも宿はある。かの下川裕治先生は澳門に来るとここを根城にしてるとのこと、

さすがとしか言えない。

何軒か前を通ったがいつもの「ホテルチェック」をするまではなかった。足が痛くて面倒ってのもあったが、多分オレは泊まらんだろうからね。

すでに群興新街の宿を<澳門の定宿>とする程に気に入っており、敢えて福隆新街の宿に

興味を惹かれなかったからだろう。



大利迎賓館:VILA UNIVERSAL
マカオの安宿画像 



東京賓館」 名前でムム・・となったが我らが東京と関連があるのだろうか。

正面の通りが「福隆新街」となる

マカオの東京賓館画像 


マカオの東京賓館画像 



オレ・タイサムウン・ホテル
澳莱大三元酒店)

この近所としては綺麗でいてリーズナブルな酒店(ホテル)だと思う。福隆新街を内港に向かって進む。
マカオのオレタイサムウンホテル画像 



さらにその先にはタイ料理屋・・案外ここ澳門でも目にすることになる

澳門のタイ料理屋画像 





マカオの猫画像 

「福隆新街」には大いに魅かれてるので、宿泊はなくとも次回も夜に昼にと訪れる事間違いない。

「食」でも大いに魅力をはっきするので。




自分が通った限り連れ込み宿などには気づかなかった。夜ひっそりと嬢が待機する宿がどこかにあるのだろうか・・

SPONSOR LINK



次は⑧の昼の「福隆新街」の食へ・・


深く潜るならアジア 「アジアでDICE」
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント