マーブンクローンの終焉。想い出よフォーエバー【バンコクMBK】 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » バンコクねた【番外編】 » マーブンクローンの終焉。想い出よフォーエバー【バンコクMBK】

マーブンクローンの終焉。想い出よフォーエバー【バンコクMBK】

サイアムスクウェア MBK

バンコクのマーブンクローン画像 

さらばマーブンクローン



そもそものタイとの関わりを遡って考えると、まず20代のプーケット旅行になる。

あの頃バリと並び新しさがあった。

次いでバンコク行脚が始まったわけだが、彼の地に興味を惹かれたのは、

何もナイトライフばかりではなかった。

というよりそれは一部であり迷宮のようなバンコク自体が強力な磁力を放ってた、

中でもその一翼を担っててたのがマーブンクロ~ンに他ならない。

だがそのマーブンに永遠のグッドバイを言う日がこんなにも早く来ようとは・・





摩訶不思議な電脳空間



このフレーズが今でも頭に残ってる。

香港が自由港の地位を失ってからは、後を引きつぐのはこの東南アジアの雄、

バンコクであるはずだった。よければこちらも

「ここはどこだ?」と思ったほどフロアが理路整然と片付いてる。
バンコクのマーブンクローン画像  


POLOもジョークTシャツもどこにも見当たらない。それにしてもこの幅広の通路はどうしたことだ?!
バンコクのマーブンクローン画像 


MBKと言えばなんと言ってもコピー天国だろう。

映画のDVDやゲームは英語なので興味なかったが、Tシャツにリュックやバッグ、

時計も友人のお土産に買ったことしばし。

(音楽CDは路上の中華系の店が音質が良かった。インド系は曲が途切れたりがあった)

けどその痕跡はどこにもない。

バンコクでショッピング画像 




そして今や終わった



6階フードコートはかろうじて健在。カラオケ嬢連れの日本のオヤジと観光客がぽつぽつ・・
タイの焼き飯画像 

つまりマーブンもどこにでもあるショッピングセンターに成り下がったってわけだ。

ことに新SC建設ラッシュ状態のバンコクにおいて、この無個性化はどうしようもない終焉要因だ。


バンコクのサイアムスクウェア画像 

わざわざマーブンクローンに行く理油が消えた。

BTSにMRT(地下鉄)は混み出し、10月からBTSは数年ぶりの値上げ。

サイアム駅にも再び来ることがあるだろうか・・
バンコクのBTSサイアム駅画像 


ということでますますバンコク・パッシングでパタヤ直行の日々になるかな。



タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。



関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント