新しいイングリッシュブレックファーストの感動はソースにあり【パタヤの朝食】 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム »       -(朝食) » 新しいイングリッシュブレックファーストの感動はソースにあり【パタヤの朝食】

新しいイングリッシュブレックファーストの感動はソースにあり【パタヤの朝食】

「THE COINS」 右 緑色の建物(隣りはサタスコート1ホテル) ソイブアカオのレストラン

パタヤのホテル画像 

古くて懐かしいこの味との邂逅



一刻も早く食べたかったが訪パタヤ5日目にして食べたこの店のこの味、変らずいいなぁ~。

日本の住まいの近所の店は軒並み後継者がいなく店を閉め、あるのはチェーン店ばかりの昨今、

懐かしむ味と言えばパタヤの店なんだから世も変るもんだ。


さて、イングリッシュブレックファースト、

今まではパタヤの流儀に従ってたが、目の前の初老のイギリス人風の男の所業をみて

はたと思いついた。

普通にこれでよかったんだと。


SPONSOR LINK





ケチャップあらためブラウンソースで食す


う~ん、ボロネーゼにガーリックブレッドのランチかぁ、これも捨てがたい・・
パタヤのランチ画像 


なぜか考えも無しにパタヤではトマトケチャップソースをかけ食事をすることが多かった。

カオパット(焼き飯)にもテーブルにあればトマトケチャップだ。

で、目の前の初老の男が「よろしいですか?」とオレのテーブルから持って行ったのは<ブラウンソース>だ。

ブラウンソース?

日本ならブルドックソースとかのあの濃いいとんかつソースを想起してもらえばいい。

そこでオレもブラウンソースをかけて食べることにした。

隣りのテーブルからブラウンソースを持って来て・・

パタヤのレストランコインズ画像 

SPONSOR LINK



イングリッシュブレックファーストにブラウンはありだ!



セットはコーヒーを頼むかどうか悩まなくていいから好きだ。ただ待てばいい。
パタヤの朝食画像 

コーヒーもそこそこに料理が運ばれてくる。手抜かりはないウェイトレスの手際の良さ、これが朝だな。

パタヤの朝食画像  

眠い目を見開いてさっそくブラウンソースを試すことに。


とんかつソースより濃くどろっとしてるので瓶の底をパンパンっと叩きつつ垂らす。

濃縮なソースなのでこんなもんでいいだろう! 

パタヤのイングリッシュブレックファースト朝食画像  

味は、、、グレート! 肉汁ソーセージに厚切りハムにはこのブラウンソースははまる!

もちろん目玉焼きにも異存はない。

またこのブラックプディングが超美味なんだ。
パタヤのブラックプディング画像 

最近平均点のタマダーだったイングリッシュも、ブラウンソースという古くて懐かしいソースとの組み合わせで

再びモデルクラスに浮上といったところだろうか。


SPONSOR LINK


タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント