ボーイズタウンのIRISH BARでイングリッシュ - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム »       -(朝食) » ボーイズタウンのIRISH BARでイングリッシュ

ボーイズタウンのIRISH BARでイングリッシュ

ソイ13/4 ビーチロード(ボーイズタウンのあるソイ)

パタヤのボーイズタウン画像 

朝から灼熱のパタヤビーチ



12月は何かと寒い寒いとほざいてたが、10月は朝からいいお日和でしかも暑い暑い。

これは「クラスルームホテル」をチェックアウトする朝、最後の朝食をとさ迷い出た朝のこと、

だが適当なとこが見つからない。

この時間このソイはまだ目覚めてないのだろうか。

取りあえずホテルを出てビーチロード方面に足を向ける





多分アイリッシュバー



パタヤのビーチロードソイ13/4画像 

(右手にあるのはインディアンレストラン・MAHARAJA。まるで日本食「富士」みたいなベタな店名)

クラスルームホテルを出てビーチロードに向かうと、コーナーにアイリッシュバーが出てくる。

すでに営業中のようだがバーの女と宿泊客風の男数人がまばらに座ってるのでここは通り過ぎる。

インドレストラン、メキシカンとあれど開いてそうなのはインド。いややはり不明。メキシカンはまだテーブルにイスが上がってるし。

そこで一旦ビーチロードに出てUターン、

今度はソイ13/3に入る。

パタヤのおすすめビーチロード画像 

ここも似たり寄ったりだな・・そこで真ん中のバイパスから再度ソイ13/4へ入る。

すると最初のコーナーのアイリッシュバーのあたりに出る。

ここら辺の雰囲気はローカルエリア・soiの散策

コーナーにSHAMROCK、隣がWAKAWAKAでその隣りがわれらが「クラスルームホテル」
パタヤの人気のボーイズタウンの店画像 

「ここが一番無難なんだがなぁ・・」けど飯食う雰囲気じゃないので通り挟んだバーに決め入店。

結局振り出しに戻ったってわけだ。





多分レストランバー



ボーイズタウンの人気のバー画像 

バーというよりはレストラン兼バーの雰囲気だ。夜に飲む客しか来なければバーって言えなくもないし

パタヤにおいてこの線引きは難しい。

ボーイズタウンの人気のバー画像 

でオーダーは例によって<イングリッシュブレックファースト>長いので以下EBと呼ばせてくれ

(いっそのことイングリッシュ評論家にでもなるかな?)


「カフェ or Tea?」Teaって聞くとこがやっぱEBだよ。アメリカンじゃ聞かれないもんな。

パタヤソイ13/4の美味いレストラン画像 


ほどなくして来た プライスは125バーツ

おぉ最初っからトーストに目玉焼きが乗っかってる、おまけにバターも塗ってあるので

手汚さずに済むな。

パタヤソイ13/4の美味いレストラン画像 

(これオレ的には重要)

パタヤソイ13/4の美味いレストラン画像 

皿は旧コインズ見たくでかくはないがさりとて内容がしょぼいわけでもなく、コンパクトにまとめられてる。

ソーセージは無い代わりに厚切りハムがぼてっと鎮座してるのでミドルヘビー級としての貫禄も十分。

どうせなので黄身をぶっちゃけてトーストに塗り込む。これやるよね?
パタヤビーチのレストラン画像 
(今回はケチャップ。これただの気分だけど)

ボーイズタウンの中の「ニューカフェロイヤル」では意表を疲れたヘルシーセットだったが、

ここのEBは十分カロリーが取れる本来の悪のEBだった。





タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント