「ノーティカルイン」からの眺めは-【パタヤのホテル】 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » パタヤでのホテル選び » 「ノーティカルイン」からの眺めは-【パタヤのホテル】

「ノーティカルイン」からの眺めは-【パタヤのホテル】

Nautical Inn ビーチロード ソイ11

パタヤのリゾートホテル画像 

鬱蒼とした木々の向こうにはノーティカルイン



agodaで常にチェックしてるホテルにここノーティカルインも上げられる。

パタヤ中心部にありながらリゾートの雰囲気を醸し出す雰囲気をサイトの画像で見るにつけ、 「次こそは宿泊か?」と

思いながら未だチェックインに至ってない。

やはり気に成るのが部屋の大きさ、そして窓の景色だ。 バルコニーの有無も含めて。


この緑に包まれたノーティカルインとは如何なものなのか・・・

SPONSOR LINK





ビーチのそばでリゾート気分



門番にゲートを上げてもらいバイクを駐車して本館に向かう。あれが本館だよね?

パタヤのリゾートホテル画像 

コチャーン(チャーン島)、プーケット島、その他大小の島々なら容易に見られる佇まいのホテル、

そんなものを予想してここノーティカルインに来て見た。

今回(11月)はチャーミングインから始まって一気に7軒のホテル巡りを敢行、それも帰国の迫った数日で追い込み。こ

れ全てレンタルバイクのお陰だ。

ようやくホテルまでこれた・・・

パタヤのリゾートホテル画像 

パタヤのリゾートホテル画像 



レセプション到着



パタヤビーチロードのホテル画像  

「あぁちょっと部屋を見せてほしんだけど・・」いつものようにふらっとアポなしで訪ねた。

応対の女性スタッフはちょっとお待ちを・・と言う感じでコンピューターを手早く叩くと、

「あちらへどうぞ」とボーイに手際よく指図する。


(ペントハウスホテルと同じだな。実際その手際はよかった)  


敷地が広くプールを望む部屋が希望だったが、と言ってそこは高いのを承知してたので、 黙って案内に従った。

アゴダで見る限り概ね1,200バーツ~1,800バーツ辺りになる。そうなると自分にとってはボーダーラインだ。

1,800バーツならどうしても「ページ10」や「シーミースプリングズ」などが頭を過ぎる。

さて・・

(今回もたまにスマホカメラがフレア状態になった。以下写りの悪いのは全てそうです)

パタヤのノーティカルインホテル画像 



スーペリア・プールビュー(Superior Pool View)18㎡



パタヤのプールのあるホテル画像 

(プールそばにあるプール。このダジャレは日本人にしか通じないだろうな。いや無視されるか?)

案内されたのは「プールビュー」の部屋だ。部屋が空いてたのもあるだろうが、やはり気を引きやすいのはプール・シービューだからか。

アゴダによれば部屋の広さは18㎡とのこと。

さて
SPONSOR LINK




部屋

パタヤのノーティカルインプールビュー画像 

パタヤのノーティカルインプールビュー画像  

こちらは別の部屋。いまあらためて見るとずいぶんと見せてもらってた。ぐるぐる周ってて憶えてなかった

パタヤのノーティカルインプールビュー画像 

パタヤのノーティカルインプールビュー画像 

これにソファーが付く部屋が<デラックスプールビュー>となるようだ。部屋は1階か?



風景



パタヤのノーティカルインプールビュー画像 

タイのリゾートホテル画像 

ベランダからの風景は本館の方角で外階段の向いになる。見晴らしと呼ぶべき物はないが、

空間はあるので良しとすべきだろう。プールビューがあるし。

タイでリゾート画像 

正直18㎡だと狭いなと思ってたが案外狭さを感じず、通路に面した窓はコテージを感じさせ、

あのパタヤとは隔絶された空間と言えるだろう。

タイでリゾート画像 

さてもう十分と部屋を出るとボーイはあらぬ方向へと誘う。

むむ?と思いつつ案内に従い階段を下りる。。。

SPONSOR LINK



タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント