ソイダイアナのホットドッグと深夜の格闘【パタヤの洋食】 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » パタヤで飯-(タイ飯・屋台) » ソイダイアナのホットドッグと深夜の格闘【パタヤの洋食】

ソイダイアナのホットドッグと深夜の格闘【パタヤの洋食】

ソイLKメトロからレンキーへ
パタヤのホットドッグ画像 

ソイダイアナのハンバーガースタンドにて

 

お開きの時間になったので、深夜飯を漁りつつホテルへと足を向けたらなぜかハンバーガースタンドが

目に付いた。

まだソイLKメトロを出てすぐの辺りだ。

120バーツ〜はするんでいつもは横目で見て通り過ぎるだけの店なんだが、この日は興味を引かれ例によって行きつ戻りつ

優柔不断さをいかんなく発揮してオーダー。

頼んだのはホットドック。だが・・





こんなにでかくなくてもいいのに



ソイLKメトロ画像 
パタヤの「虎の刻」にゃあ幽霊ならぬ物売りが出るってはなしだ


サンドウィッチの「サブウェイ」ならオレはハーフのパンだ。
(大方の諸氏もそうでは?)

当然深夜のこんな時間、「サブウェイ」ならまだしも重厚なホットドックだ、ハーフどころか2/5、1/3でも十分。

(少なめって意味ね)

バービア閉まって行くとこ無いやつはサブウェイなら開いてるとばかりに集まってくる。
意地でも寝たくないんだな、おそらく。  やれやれ

ソイダイアナのサブウェイ画像 



ところがだ

「客にナメられてなものか!」とばかりにパタヤのスタンドはきっちり勝負してくる。

ここでひるむわけにもいかないので、さも当然のように金を払いホテルへ。

路上だとぐだぐだになりそうなのでテイクアウェイで、ゆっくり食すことにした。

・・・

パタヤのホットドッグ画像 
(オレのひじ関節から手首の間にちょうど収まりそうだよ)

ホットドック系だとどうしても「日本の焼きそばパン」みたいなものを想起しがちだが、

あんな小っちゃいのを例え深夜といえど食ってるヤツはここじゃ変わり者ってことだな。

テキーラまおまおの夜にこんなん食ってたらどうなるんだ。


ま、それもまた良ろしか・・




タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント