帰国後に階級別「イングリッシュブレックファースト」 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » パタヤへ行くための心得 » 帰国後に階級別「イングリッシュブレックファースト」
SPONSOR LINK

帰国後に階級別「イングリッシュブレックファースト」

BREAKFASTと旅前の準備
パタヤのイングリッシュブレックファースト画像 
自分の中ではこれでミドル級かな。ポイントはオレンジジュース付きで109バーツ。

パタヤの朝食


いつかはこれをやろうと思ってた、階級別イングリッシュブレックファースト。

だが次の訪パタヤがそろそろなので、その後の方が2018年版と名打てるなぁと思い留まってたがここにきてムラムラしてきた。

イングリッシュには一家言持ってるのでなんとか完成させようと。

けど「カンボジア行こうかな?」と閃いちゃい、行先が処女地のバベットなのであれこれと情報収集の毎日で時間取られ書いてる余裕がなくなっちゃった。

そこでパタヤで毎日食べ歩いてやはり帰国後にしようと(笑)

・・・







2018年最初のパタヤテーマとバベット行きは止めに

ついでに言うとプノンペンを基地としてのバベット行きも面倒になって来ちゃった。

旅程の真ん中で行くとするとパタヤ⇔スワンナだけでも2往復だし、荷物嫌いのオレとしてはスーツケースから分派したりと面倒になって来た。

ソンクラーンの時期にも近く民族大移動とか読めないしね。

そこで急浮上したのが1、

パタヤ⇔アランヤプラテート⇔ポイペト

こちらにしようと思案中。アランならタイだしポイペトならUSドルも必要ない。

そうそう、ドル換えとかやること多いんだよねプノンペンだと。飛行機も予約しないとならないし。

黄金のアランヤプラテート⇔ポイペトならバスでちょっと3時間半ほど揺られるだけだからね。

これ系のバスならいいけどロットゥだときっつきつでブッ飛ばすことになるからね・・
パタヤのバスステーション画像 


2 イングリッシュブレックファーストの毎日

3 ライフワークのパタヤ(微妙系)マッサージ廻り



尚、ゴーゴーバー廻りは敢えてもうしません。呼吸をするくらい当たり前なので!

滞在日数を最大限に活用してDEEPに行きたいと思いまっす。


けどまだ二転三転するかもしれませんが前日に集荷があるんでパッキング始めます。






タイのsoiでディ&ナイト」もよろしくです。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント