ビーチロードのソイ・ポストオフィスを歩く(ソイ13/2) - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム » ローカルエリア・soiの散策 » ビーチロードのソイ・ポストオフィスを歩く(ソイ13/2)

ビーチロードのソイ・ポストオフィスを歩く(ソイ13/2)

 SOI POST OFFICE
パタヤのビーチロードソイ13/2画像  

ビーチロードソイ13/2を歩く



このソイに迷い込んだのは過去のエントリーをみると2015年のようだ。

あれからソイの雰囲気もかわっただろうし、人も流れたろう。そこで偶然このソイに宿泊したこともあり

ソイ13/1に続いて見て行こうと思う。

SPONSOR LINK



そこにあるパタヤの中心のソイ



マックスホテル

ソイ13/2の屋台飯 (夜からピザハット付近で営業)

マッサージ

いつも隣のソイ13/1からビーチロードに出てから入ることが多いこのソイ13/2、今回もsoi13/1から来て海側から入ってみた。

パタヤのビーチロードソイ13/2画像 

両側をピザハットとマクドナルドに固められ、脇にレンタル用の大型バイクが並びそこからこのソイの顔が現れる。

 パタヤのビーチロードソイ13/2画像 

まずは左手に

ゴーゴーバー「クラブ・ネバダ」
パタヤのゴーゴーバーネバダ画像 

相変わらず健在のようだ。自分はここへは初めて入ったがいつもの調子でやってるって感じだった。

右手のセメントが山積みされてるとこが元ゴーゴーバー「ファーイーストロック」
パタヤのソイヤマト画像 

以前はこんな店があった
パタヤのゴーゴーバー画像 


ついに一度も入ることはなかった。

出来うればまたゴーゴーバーになってくれればいいと密かに願っている。

B級ゴーゴーバーのいいところは涼しい店内でバービアと同じ値段でビアが飲めるとこかな。

先へ進もう

パタヤのマッサージ街画像 



ソイ13/2のマッサージショップ



パタヤソイ13/2のオイルマッサージ店画像 

徐々に目に飛び込んでくるのがマッサージショップの看板だろう。このソイはソイ13/1とは違い

マッサージショップが目立つソイになろうか。

おおむねタイマッサージ200バーツ、オイルマッサージ300バーツの店が多い(1時間)


しばらく行くとこのソイの名称でもある郵便局(ポスト・オフィス)が現れる。
 

日本でいえば区役所があるから区役所通りみたいなもんだろう。タイでも同じってことだな。

パタヤソイ13/2の郵便局画像 

歩いた時は一番熱い昼時で、懸命に軒先をぬいながら進んでいった。
パタヤソイ13/2のオイルマッサージ店画像 


パタヤソイ13/2のオイルマッサージ店画像 

 


SPONSOR LINK



つづいてレディいるのBAR



キットゥンバー 女の子の声が一番大きかった
パタヤのソイ13/2のバービア画像 

パタヤのソイ13/2のバービア画像 


パタヤのソイ13/2のバービア画像 

リタバー ここら辺で毎日のようにLBに果敢にアタックされた。
パタヤのソイ13/2のレディボーイバー画像 

バーにしても呼び込みなどここソイ13/2の方が賑やかかもしれない。


セカンドロードまで来れば

マイアミ ア ゴーゴー
パタヤのゴーゴーバーマイアミ画像 

以前は2PMから開けてたが現在は6PMくらいからの営業だったと思う。



屋台の食事にカフェ



人がいれば屋台も出るのはタイならであろう。ここで何回か朝飯を屋台でとったことがある。

それも一品ものではなく「飯」「野菜」「肉」「玉子」とおかずも選べる。

朝飯の屋台(ヘルシー)   
ソイヤマトの屋台画像 

またパッガパオやクィッティアオもありかなり充実した屋台だ。

ここでも当然のように聞かれる「辛さは?」この日は弱気で「ニッノイ」(少し)
ソイヤマトの屋台画像 

 
ソイヤマトの屋台画像 

マッサージを声高に叫ぶきらいがある当ブログではあるが、朝食後にコーヒーを飲みしばし虚空を眺める朝も堪能できるのがソイポストオフィス(ソイ13/2)である。

ちょうどマックスホテルの向い辺りで滞在中、気になっていたカフェ。値段は40バーツ~とタイのカフェ価格で利用しやすい。
ソイヤマトのカフェ画像 

ビジターで来てると気づかなかったことも宿泊して朝から見てると、いろいろ気づく点があった。


二つのソイを歩いてみて

この両ソイのゴーゴーバーはいづれもアメリカの州の名前が付いてて(現在は変わってる)、

一見USA通りかと思いきや、

バーはイギリスや北欧の国旗が下がってたりと他のソイとは違う印象を得たのを憶えてる。

パタヤのソイポストオフィス画像 

ゴーゴーバーからマッサージまで揃ってるこのソイはある意味パタヤの縮図のようだ。

今後も興味をもって見守っていきたい。

SPONSOR LINK



関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント