「セイラーレストラン」で始まる6月のパタヤの朝 - パタヤsoiでの休暇

パタヤsoiでの休暇 ホーム »       -(朝食) » 「セイラーレストラン」で始まる6月のパタヤの朝

「セイラーレストラン」で始まる6月のパタヤの朝

 Soi 8 ビーチロードへ
パタヤビーチロードソイ8画像 

セイラー流で行こう



ビーチロードのそれもソイ10のホテルに泊まったその朝はここってなってしまう、セイラーレストラン

ソイで数えても10から8なので考えてみれば近いし。

ソイ10からだとセカンドロード渡ってソイハニーって手もあるけど、最初の朝はここだろうね。

ここのたるい流れが一気に日本TimeからタイTimeに引きずり込んでくれるんで。

たる~んじゃない、たる~い雰囲気の空気で始まる最初の朝

SPONSOR LINK




パタヤでもつかみどころのない風格を漂わせてる



ぽつんと座る。

パタヤのセイラーレストラン画像 

誰も気づかない振りむかない。。。最初はこれがなんともやりきれなかった。

思わず「あのぉ~オーダーいいですか?」なんて厨房まで行きそうになるけど、これいかんね。

つい海に投げ出されて「お~いここだぁぁ!」ってヘリに手を振りたくなるあの心境にさせられるんだが、

ここセイラーはそのセイラーの名は伊達じゃないぞというとこを見せてくれる。

まさにそのセイラー気質で溺れかかってる心境のオレを苦も無くすくい上げてくれた。

ちゃんと見てるわよと。

「ブレックファースト、フライドエッグスね!」 「コーヒー?」 「はい」

ただ従うのみだ。

パタヤのセイラーレストラン画像 




セイラーはパタヤタイムへのトンネル



パタヤのセイラーレストラン画像  

70バーツでABFオレンジジュース付きなら一言サンキューって言って食べるだけだ。

(コーヒー付きは言うまでもない)

パタヤのセイラーレストラン画像 

日本から朝起きる時間から飛行機の時間、そしバンコクの空港に着いてパタヤへと

時間に追いまくらた9時間あまりの移動。

そういう日本タイムからパタヤの時間に入るには、ここセイラーで朝を向かえれば

苦も無くパタヤ時間に入れる。

昔はタッパヤーだったらしいパタヤ
パタヤはタッパヤーTappaya画像 


リハビリみたいなものだな・・


タイ嬢と波長を合わせるのにパタヤ時間はマストだ!

SPONSOR LINK


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント